0120-214-707
平日 10:00~19:00 / 土日・祝 10:00~17:00
  • Chinese(Simplified)
  • English
  • Japanese

ロレックス(ROLEX) 修理・オーバーホール実績

ロレックス(ROLEX) 修理・オーバーホール実績

実用時計界で不動の地位を築き上げたロレックス

料金表

ロレックスの修理実績


当店ではロレックス(ROLEX)出身の技術者が修理を担当しており、メーカーと同様の品質で修理・オーバーホールや新品仕上げを行うことが可能です。ロレックスは当店で修理受託件数も最多で、ロレックス専任でチームを組み徹底して修理・オーバーホールに取り組んでいます。当店では、長年の使用で傷だらけになってしまったスポーツモデル、輝きがなくなってしまったラグジュアリーモデル、高度な技術が必要とされるプラチナモデルも熟練のポリッシャーが新品同様に蘇らせます。ロレックスの事でしたら如何なる修理でもお任せください。オーバーホールでお客様に感動をお約束します。

ロレックス(ROLEX)修理価格表

ロレックス
手巻き
WATCH COMPANY修理価格(税別)
オーバーホール オーバーホール
+新品仕上げ
23,000円 33,000円
メーカー定価(参考価格):43,000円
納期:2週間
 

自動巻き 3針 スポーツモデル

WATCH COMPANY修理価格(税別)
オーバーホール オーバーホール
+新品仕上げ
23,000円 33,000円
メーカー定価(参考価格):43,000円~
納期:2週間
 

デイデイト

WATCH COMPANY修理価格(税別)
オーバーホール オーバーホール
+新品仕上げ
25,000円 35,000円
メーカー定価(参考価格):55,000円
納期:2週間
 

デイトナ

WATCH COMPANY修理価格(税別)
オーバーホール オーバーホール
+新品仕上げ
35,000円 45,000円
メーカー定価(参考価格):60,000円
納期:2週間

見積・修理依頼

ロレックスのオーバーホール

オーバーホールとは、時計を部品単位まで全て分解した後、汚れやごみを全て除去した後に、必要な箇所に注油をして元通りに組み立てる作業を指します。
ロレックスは独自のムーブメントを搭載していますが、WATCH COMPANYでは独自の仕入れルートがあるため、すべて純正の部品で対応することが可能です。また、専用工具を導入しているため、メーカーと同等のクオリティでオーバーホールを行うことができます。

1.時計の症状診断


当店のロレックス専任技術者が豊富な経験でお時計に起こっているどんな小さな不具合も見落とさずに状態を診断いたします。
改善策や交換部品の詳細を見積書にてご連絡いたします。お見積もり例はこちらです。

2.分解


時計を完全に分解します。

3.洗浄


分解した時計を専用バスケットに入れ、時計用の超音波洗浄機にかけます。
部品の細かい汚れやごみも完全に除去します。

4.組立と注油


洗浄が完了した部品を、元通りに組み上げます。
この際に、部品ごとに異なる種類の油を適量注ぎます。

5.精密調整


ムーブメントが組み上がった状態で、精度の調整を行います。
一切の妥協をしないため、既定の精度が出ない場合はもう一度オーバーホール作業を行うこともあります。

6.外装洗浄


オーバーホール作業と並行して外装の洗浄作業を行います。

新品仕上げ(オプション)


ご希望のお客様には外装の傷取りをオプションにて承ります。
WATCH COMPANYには、新品仕上げの専門の技術者が在籍しているため、オーバーホール作業と並行して傷取りを行うことができます。
時計メーカーと同様の機材を導入しているため、複雑なケースや、特殊な仕上げ(サンドブラストなど)にもしっかりと対応することができます。
※新品仕上げ10,800円(税込)~

新品仕上げ例

※詳細は【新品仕上げ(傷取り)】ページをご覧ください。

ケースラグbefore1before arrow ケースラグafter1after
バックルbeforebefore arrow バックルafterafter
7.防水テスト


防水検査器にて時計の防水性を確認いたします。
時計を加圧することで、時計内に起こる僅かな変化を算出し、防水性が機能しているか判断します。

8.巻上テスト&巻き上げ継続時間テスト


巻上試験機を使用し、時計の巻き上げや、十分な動作時間が確保されているか検査します。
4~5日のランニングテストを行い、最終的に機能に問題が無いか判断します。

9.最終検品とご返却


最終テストが完了した後、再度動作点検とガラス内に汚れ・ごみ入りが無いか確認した後、お客様のもとへお時計をご返却いたします。
WATCH COMPANYにてオーバーホールを受けていただいたロレックスのお時計は1年間の修理保証をつけさせていただいております。

修理の流れ

1.梱包キットをご依頼の上、お時計を送付ください

当店ホームページ「修理申込」のページから梱包キットのご依頼をしてください。
※梱包キットは無料でご利用いただけます。
梱包キットご不要の場合は、お時計を梱包の上、着払いにてお時計を送付ください。
※ご自身でお時計を送付いただける場合も【修理申込】ページから事前に修理依頼をお願いいたします。

梱包キットにお時計と修理ご依頼書を同封の上ご返送ください。
梱包キットのご使用方法は【無料梱包キットのご案内】ページをご確認ください。

ご来店でも修理の受付を承ることができます。
※ご来店をご希望のお客様は事前にご連絡をお願いいたします。TEL:0120-214-707

WATCH COMPANY飯田橋店
営業日 平日10:00~19:00 土・日・祝10:00~17:00

SWビル

〒102-0072
東京都千代田区飯田橋1-12-2 エスダブルビル5F
TEL:03-6261-4027

WATCH COMPANY横浜店
営業日 平日10:00~17:00(土・日・祝日は休業となります)

※修理品お預かり業務のみとなります。見積・納品は本社からのご連絡と配送になります。
※当社の修理取り扱いブランドに限り修理品のお預かりをさせていただきます。

みなとみらい

〒231-0062
神奈川県横浜市中区桜木町1-1-7
TOCみなとみらい10階 サーブコープ
TEL:045-228-5509

 

2.お見積もりをご確認いただき、修理進行の可否をご連絡ください

お時計が時計修理専門店WATCH COMPANYに届いてから、土日を除く3営業日を目安に、見積もりのご連絡させていただきます。
※お見積もりはメールでのご案内となります。
※お時計の状態や、種類によってはお見積もりまでお時間をいただく場合がございます。その場合は事前にご連絡させていただきます。
お見積もりの結果、修理をされない場合は、お時計の準備が整い次第、ご返送いたします。
※修理をキャンセルされる場合の送料はお客様負担でお願いしております。

 

3.お支払方法をお選びください

修理代金のお支払方法に関しては、以下の2種類からお選びいただけます。

 

a.銀行振り込み(前払い)
お時計の修理代金を銀行へ直接お振込みいただく方法です。
修理の進行をいただいた後に、弊社指定口座へ代金をお振込みください。
着金を確認次第、修理を進行させていただきます。また、その時点で納期予定のご連絡をいたします。
注1)振込手数料はお客様負担になります。何卒ご了承ください。
注2)領収書はお振込み時の控えをもって当社の領収書に代えさせていただきます。お振込み控えは大切に保管ください。

 

お振込み口座
みずほ銀行 飯田橋支店
普通口座 2668566
口座名義人 株式会社グローバルワークス
※お客様名義でお振込みください。
※株式会社グローバルワークスは「時計修理専門店WATCH COMPANY」の運営会社です。

 

b.代金引換/ヤマト運輸コレクト便(後払い)
お時計の修理完了後、修理代金をお支払いいただく方法です。
ヤマト運輸宅配ドライバーへ、修理代金を現金もしくはカードにてお支払いください。
修理進行のご連絡をいただき次第、修理に取り掛からせていただきます。
注1)お荷物到着の際、運送業者の発行する領収書(送り状)を正式な領収書としてお取扱いください。

代金引換をお選びのお客様は、以下のサービス手数料が別途加算されます。

代金引換手数料
10,000円未満 324円
10,000円以上~30,000円未満 432円
30,000円以上~100,000円未満 648円
100,000円以上~300,000円まで 1,080円

card

 

4.修理完了とお時計のご返却


修理完了後、ご連絡させていただいた上でお時計をご返送いたします。
受け取りのご希望日時がございましたら事前にお伝えください。

 

ロレックスの歴史

1905年 ロレックス創業

ロレックスの創設者ハンス・ウイルスドルフはアルフレッド・ジェイムズ・デイビスと共にロンドンに時計商社ウイルスドルフ&デイビス社を設立。
設立当初は時計メーカーではなく販売商社であった。エグラー社製のムーブメントとデニスン社のケースを組み合わせたトラベルウォッチを販売していました。

1908年 ロレックスブランドの誕生

1907年、スイスのラ・ショー・ド・フォンに事務所を新設。翌年ロレックス(ROLEX)の商標登録を取得。
どの言語でも発音がしやすく、記憶に残るブランド名という条件のもと、アルファベットのあらゆる組み合わせを考案し、数百の候補の中から最終的に決まったといわれています。

1910年 腕時計で世界初のクロノメーター認証

エグラー社が開発したムーブメントをスイス・ビエンヌにある歩度公認検定局に精度検査を依頼します。そして、腕時計としては世界初となるクロノメーターの公式証明書を取得しました。
また、1914年にはイギリスのキュー天文台で、腕時計としては初となる最高位のA級公認歩度証明書を取得しました。この証明書は航海用のクロノメーターのみに与えられるものでした。これにより、ロレックスの腕時計の精度は広く世界に認知されることになりました。

当時は腕時計の精度が低く、“遅れてしまう”ことが前提で着用されていました。
そのため、正確な時刻を知るために懐中時計が多く使用されていました。
ロレックスの腕時計はそれまでの常識を覆し、腕時計の普及に多大なる貢献をしたのです。
1910年以来、腕時計のクロノメーター取得は一種の付加価値となり、多くのメーカーが取得することになりました。

1919年 ジュネーブに本社を移転

スイスのジュネーブに本社を移転しました。
翌1920年にはモントレ・ロレックスSAへ社名を変更しました。

1926年 オイスターケースの特許を出願

ねじ込み式の裏蓋とリューズによる、世界初の防水時計を開発、特許の出願を行い、翌年に取得されました。ケースは堅牢な2枚貝の牡蠣に由来するオイスターと命名されました。

1927年 防水時計の知名度を獲得

ロンドンの速記記者メルセデス・グライツによるドーバー海峡横断が行われました。
その際に着用されていたのがロレックスのオイスターでした。15時間15分という長時間水中に浸かっていたにもかかわらずオイスターは正常に動作していました。
このことがきっかけでオイスターケースの防水性の高さと堅牢性は世界中に知られることになりました。以降、時計メーカー各社が防水時計の開発に力を注ぐようになります。

1931年 パーペチュアルムーブメントの開発

360度全回転式ローターを採用した世界初の自動巻き機構(パーペチュアル機構)を開発しました。それまでの自動巻きの問題点として挙げられていた自動巻き上げ効率の悪さ(それまでは片方向にしか巻上げをすることができなかった)を克服しました。
2年後の1933年には独自の機構をオートローターと名付けて特許を取得しました。ローターを収めるために膨らんだ裏蓋を持つモデルはバブルバックの愛称で呼ばれました。

1945年 デイトジャストの誕生

0時付近で日付が瞬時に切り替わるデイトジャスト機構を開発、発表。
オイスターケース、パーペチュアル機構とともに、ロレックスの基礎となる時計の完成形となりました。

1953年 陸と海の時計の登場

冒険者という名のエクスプローラーを開発。
イギリスの登山隊、エドモンド・ヒラリー卿とテンジン・ノルゲイの腕にはロレックスのオイスターパーペチュアルが着用されていました。
また、同年にサブマリーナを発表。100m(330フィート)防水を備える当時では画期的な性能を持っていました。現在多くのダイバーズウォッチで見られる、潜水時間を計測できる回転ベゼルを備えていました。

1955年 GMTマスターの登場

1950年代、航空機時代が到来し大勢の人々が大陸間旅行を楽しむようになりました。旅客機がいくつものタイムゾーンを越えて飛ぶようになり、旅客機のパイロットたちは、空港での発着時間やローカルタイム、グリニッジ標準時など、世界の様々な場所の時刻を同時に知る必要がありました。GMTマスターはそういった航空機時代のパイロットたちの要望に応えるべく開発された腕時計でした。当時パンナムとして知られたパン・アメリカン航空を含め様々な航空会社の公式時計として採用された実績があります。
1955年、GMTマスターのファーストモデルRef:6542が発表され、パン・アメリカン航空のオフィシャルウォッチとして採用されました。第2タイムゾーンの昼夜を区別するために2色に色分けされたベゼルが特徴的でした。

1956年 デイデイト、ミルガウスの誕生

ロレックスのハイクラスモデルといえばデイデイトです。ステンレスのモデル展開が無く、プラチナとゴールド素材の無垢のみで展開をしています。
デイト表記の他に曜日の表記がついていて、曜日のディスクは日本語を含む26か国の言語から選択が可能になっています。
重厚なデザインのプレジデントブレスレットを装備したデイデイトは世界中のセレブたちの究極のモデルといえます。

また同年、実用時計にもこだわり続けていたロレックスは“耐磁性”のコンセプトの元ミルガウスを発表しました。機械式時計の天敵である磁気に耐えられる時計として医療・科学分野に携わる人々の要望に応えるべく開発されました。
ムーブメントを裏蓋の他にもインナーケースで覆う、文字盤面からの磁気の浸入を防ぐことで1,000ガウスの磁気に耐えることができました。

1960年 深海への挑戦

1953年のサブマリーナ発表以来、ロレックスは深海への挑戦を幾度となく行い、過酷な状況下でも耐えることのできる潜水時計を開発していました。
ディープシースペシャルと名付けられた試作モデルは1960年、深海潜水艇トリエステ号がマリアナ海峡最深部の潜水に成功した際、船外に装着されていました。
10,916mの潜水を終えたトリエステ号に取り付けられたディープシースペシャルはその潜水後も完璧に動作していました。

1963年 コスモグラフ デイトナの誕生

広大な砂浜があり、レース場やテストコースに最適である全米レーサーたちのメッカであったデイトナビーチ(アメリカ合衆国フロリダ州ボルーシャ群)に国内初のサーキット、デイトナ・インターナショナル・スピードウェイが1959年に建設されました。
ロレックスはこれを受け、モーターレース仕様としてコスモグラフ デイトナを発表します。搭載されたタキメーターベゼルにより平均速度を計測できる仕様になっていました。

1967年 シードゥエラーの誕生

フランスの潜水調査会社COMEX(コメックス)との共同開発により初代シードゥエラー(シードゥエラー サブマリーナ2000)が発表される。
※ヘリウムエスケープバルブ付きのサブマリーナ(Ref:5514)をベースにした市販モデル。
このシードゥエラー(Ref:1665)の初期生産分は文字盤の品名が赤くプリントされていたため、現在では“赤シード”と呼ばれプレミアがついています。

1971年 エクスプローラーⅡの誕生

暗闇でも昼夜が瞬時に判別でき、洞窟探検家に最適というコンセプトの元、ロレックスはエクスプローラーⅡ(Ref:1665)を開発・発表。
特徴は24時間表示の針と、24時間目盛が刻印された固定ベゼルで、腕時計の示している時刻が判別できる(例:午前3時なのか、午後3時なのか24時間針を見ればわかるようになっている)機能である。エクスプローラーから受け継ぐタフさと、実用性から、多くの冒険家に愛用されました。1978年、人類初のエベレスト無酸素登頂を成し遂げたイタリア出身の登山家、ラインホルト・メスナーも愛用者の一人と言われています。

1978年 シードゥエラー4000の誕生

防水性能をさらに進化させ1220mまで向上させたRef:16660を発表しました。このモデルからサファイアクリスタルのガラスが採用されました。

1992年 ヨットマスターの誕生

1992年にロレックスの新たな試みとして、富裕層に向けたヨットマスターを発表しました。スポーツモデルとしては初のボーイズ・レディースサイズの展開がされています。
発売当初はゴールド無垢モデルのみしか製造されていませんでしたが、1997年にステンレス・イエローゴールドのコンビモデルが発売、1999年にはステンレス・プラチナのコンビモデル/ロレジウムRef:16622が発売され、一躍ヨットマスターの知名度をあげました。

2000年 キャリバー4130の開発

自社開発クロノグラフ・ムーブメントCal.4130を搭載したデイトナ(Ref:116520)を発表。
先行の自動巻きモデルRef:16520はゼニス/エル・プリメロを改良したムーブメント(Cal.4030)を搭載していましたが、製造元のゼニス社が1999年にLVMHに買収されました。これを受け、ロレックスはエル・プリメロの安定供給を危惧し、自社開発に踏み切ったと言われています。基本的なデザインは先行のRef:16520を引き継いでいますがインダイヤルや、デザインの変更でより洗練された雰囲気を出しています。
Cal.4130に初めて採用された耐磁性の合金製パラクロム・ヘアスプリング(ヒゲゼンマイ)は2005年にブルーに酸化処理され、さらに耐久性が高められました。ブルー パラクロム・ヘアスプリングはその後の新モデルに採用されています。

近年のロレックス

2003年 サブマリーナの生誕50周年を記念してグリーンベゼルのRef:16610LVが登場、当初は記念モデルとしての扱いであったが、反響が非常に大きかったため、レギュラーモデルになりました。
2004年 デイトジャスト ターノグラフ発表。
2007年 ヨットマスターⅡ、ミルガウス復刻モデルが発表。
2008年 シードゥエラー ディープシー(Ref:116660)発表、3900m防水を実現。
2009年 デイトジャストⅡ発表。
2010年 エクスプローラーがリニューアル(Ref:214270)、新ムーブメントCal.3132を搭載。翌年エクスプローラーⅡもリニューアル(Ref:216570)。
2012年 年次カレンダーを搭載した新コレクションスカイドゥエラーを発表。サブマリーナ(デイト無し)がリニューアルされる。
2014年 シードゥエラー4000がリニューアルして復活(Ref:116600)。チェリーニが全面リニューアル、自動巻きムーブメントに変更される。

モデル別修理実績

エクスプローラー
エクスプローラーⅡ
サブマリーナ シードゥエラー
ディープシー
ヨットマスター デイトナ GMTマスター
デイトジャスト デイデイト オイスターパーペチュアル

 

[ 最近の修理実例 ]


その他の修理実績

見積・修理依頼



Return Top