0120-214-707
平日 10:00~19:00 / 土日・祝 10:00~17:00

ブログ

時計修理技術者コラムVol.35 クォーツ時計の精度

時計修理技術者コラムVol.35 クォーツ時計の精度

時計の精度

時計の精度は、クォーツ>機械式というように、クォーツの方が精度が高いというのが一般的ですが、クォーツの精度はどのようにして出しているのでしょうか?今回はクォーツ時計の精度について紹介していきます。

振動数

時計の精度は振動数によって決定されます。
振動数とは時間単位で往復できる回数を表していて、単位はヘルツ(Hz)であらわされます。
一般的な機械式時計では
5~10振動を採用しています。
対してクォーツ時計はクォーツ(水晶)が、一定の電圧を加えると毎秒32,768振動するため、その振動を増幅・調整して一秒周期の規則的な電流に変換して歯車を回す仕組みになっています。
この振動数がクォーツ時計の精度を構成しています。精度が高いと思われがちなクォーツですが、0.5秒/日程度(月間で15~20秒程度)の誤差は生じます。機械式時計(3~10秒/日、月間で1分~5分程度)に比べると高い精度といえます。
※正確な基準を決めている原子時計は約90億Hz(9,192,631,770Hz)で、10万年に1秒の誤差

水晶振動子

クォーツの電子回路です。銀色の筒の中に水晶振動子が入っています。

電子回路

電子回路1電子回路2

前出のクォーツ時計の精度は新品の段階のもので、電子回路は電化製品にあたるため、経年劣化が生じます。使用しているうちに誤差も大きくなるため、10年~15年を目安に電子回路の交換をしていただくことをお勧めしています。

劣化した回路液漏れした電池

また磁気帯や、電池の液漏れによって電子回路が劣化したり、破損したりする恐れがありますので、電池交換の際に電子回路の点検をしていただくことをお勧めしております。当店では電池交換の際に、内部点検を無料で行っておりますので是非ご利用ください。

その他の修理実績

見積・修理依頼


Return Top