0120-214-707
平日 10:00~19:00 / 土日・祝 10:00~17:00

修理事例

ロレックス デイトジャスト 16200 CASE#1162

ロレックス デイトジャスト 16200 CASE#1162

修理内容

16200 16200 ムーブメント
破損バネ棒

修理ご依頼内容

定期メンテナンス 新品仕上げ 「時計本体とブレスレットの隙間・がたつきが気になるので修理してほしい」 「購入から15年間メンテナンスしておらず、1日に2分ほど遅れる」

不具合内容

ムーブメント油切れ・汚れ ゼンマイ劣化 パッキン劣化 バネ棒破損

担当技術コメント

ムーブメントの油が切れている状態で使用されていたため、パーツの磨耗やひどい汚れが見られました。 また、ゼンマイが劣化しており、いつ止まってもおかしくない状態で作動しておりました。 裏蓋とリューズねじ込み部分のパッキン、クリスタルワッシャーが完全に硬化しているため、防水性確保のためすべてのパッキンを交換しております。 時計本体とブレスレットの隙間は、バネ棒の破損と取付部分(フラッシュフィット)の変形が原因のため、バネ棒交換と形状修正で対応しております。

 

【修理実例/参考価格 23,000円~】
オーバーホール ¥23,000
外装仕上(セット料金価格) ¥10,000
バネ棒×2 ¥2,000
ゼンマイ ¥3,000
クリスタルワッシャー ¥2,000
フラッシュフィット修正(サービス) ¥0
合計価格 ¥40,000

その他の修理実績

見積・修理依頼


Return Top