0120-214-707
平日 10:00~19:00 / 土日・祝 10:00~17:00

修理事例

ブルガリ ディアゴノスポーツ LCV35S CASE#5011

ブルガリ ディアゴノスポーツ LCV35S CASE#5011

修理内容

CASE#5011 全体 CASE#5011 ムーブメント
CASE#5011 交換部品 CASE#5011 修理完了

修理ご依頼内容

定期メンテナンス/ 新品仕上げ/ リューズを引いたときの噛み具合が悪い

不具合内容

リューズバネ劣化・リューズ・チューブネジ山摩耗/ 3番車・4番車摩耗

担当技術コメント

リューズの噛み合わせが悪い原因は、リューズ内部のバネが劣化しているためによるものでした。 また、リューズのネジ山が経年劣化により摩耗し、ねじ込みが十分にできない状態でした。ねじ込みが不十分の状態ですと防水機能に支障をきたしますので、今回のメンテナンスでリューズ(凹側)と、ケースに付いているチューブ(凸側)のセットで交換をさせていただきました。 ゼンマイの力を時計の動力に変える伝達部分の歯車の摩耗が激しく、巻上げ継続時間が著しく悪くなっていました。今回のオーバーホールで併せて交換させていただきました。 外装の使用傷は新品仕上げできれいにすることができました。 ※ブルガリのリューズに関しては、モデルにより交換できない場合がございます。詳細はお問い合わせください。

 

【修理実例/参考価格23,000円~】
オーバーホール ¥23,000
外装仕上(セット料金) ¥10,000
部品代金 ¥38,000
・リューズ
・チューブ
・3番車
・4番車
合計価格 ¥71,000

※表示価格は税別です

※部品価格は独自ルートで海外からの調達になるため為替や入荷状況により変動します

その他の修理実績

見積・修理依頼


Return Top