0120-214-707
平日 10:00~19:00 / 土日・祝 10:00~17:00

修理事例

ロレックス デイトジャスト 79174 CASE#5801

ロレックス デイトジャスト 79174 CASE#5801

修理内容

CASE#5801 全体 CASE#5801 ムーブメント
CASE#5801 交換部品

修理ご依頼内容

止まりに対する修理

不具合内容

ムーブメント内部油切れ・汚れ/ ローター真摩耗(内部異音)/ リバーシング摩耗/ 4番車摩耗/ パッキン・クリスタルワッシャー劣化

担当技術コメント

ムーブメント内部の油が完全に乾いてしまい、鉄粉が多数発生していました。自動巻き機構を固定しているネジの緩みが多数見受けられ、ローターの回転ががたついてしまっていました。(時計を振るとカチカチとローターと内部機械に接触している音がします)ローターが回転する度にムーブメントを削ってしまっているため、発生した鉄粉が詰まって止まってしまいました。自動巻き機構の主要歯車(リバーシング)ローターの軸(ローター真)の交換は上記の理由となります。鉄粉の詰まりにより秒針が取り付けられる歯車(4番車)が破損しているため交換させていただきました。

 

【修理実例/参考価格23,000円~】
オーバーホール ¥23,000
パッキン一式(サービス) ¥0
交換部品 ¥43,000
・クリスタルワッシャー
・ローター真
・4番車
・リバーシング×2
合計価格 ¥66,000

※表示価格は税別です

※部品価格は独自ルートで海外からの調達になるため為替や入荷状況により変動します

その他の修理実績

見積・修理依頼


Return Top