0120-214-707
平日 10:00~19:00 / 土日・祝 10:00~17:00

修理事例

チュードル クロノタイム 79260P CASE#5942

チュードル クロノタイム 79260P CASE#5942

修理内容

CASE#5942 全体 CASE#5942 ムーブメント
CASE#5942 交換部品

修理ご依頼内容

精度不良

不具合内容

ムーブメント内部油切れ/ カレンダー車変形/ リバーシング摩耗

担当技術コメント

ムーブメント内部の油が乾いてしまっている状態でした。歯車が円滑に動作しないことにより時計自体の動きが重くなっていました。また、自動巻きの主要歯車であるリバーシングが摩耗しているため巻上げ効率が低下していました。 お時計が遅れるだけでなく、巻き上げ不良により止まりやすい症状が起こっていました。 カレンダー変更時に回転してカレンダーディスクを送る歯車(カレンダー車)が変形しているため日付変更が遅れていました。カレンダーの早送り禁止時間帯(20.:00~04:00)にカレンダー送りをするとカレンダー車が変形したり、破損する原因になります。カレンダーの早送り時は禁止時間帯を避けて行ってください。時計上のお時間を06:00(もしくは18:00)に合わせてからカレンダーの調整をすることをお勧め致します。

 

【修理実例/参考価格35,000円~】
オーバーホール ¥35,000
パッキン一式(サービス) ¥0
カレンダー車 ¥6,000
リバーシング ¥6,000
合計価格 ¥47,000

※表示価格は税別です

※部品価格は独自ルートで海外からの調達になるため為替や入荷状況により変動します

その他の修理実績

見積・修理依頼


Return Top