0120-214-707
平日 10:00~19:00 / 土日・祝 10:00~17:00

修理事例

ロレックス GMTマスター 16700 CASE#6522

ロレックス GMTマスター 16700 CASE#6522

修理内容

CASE#6522 全体 CASE#6522 ローター擦れ跡
CASE#6522 夜光塗料ひび CASE#6522 交換部品

修理ご依頼内容

オーバーホール/ 遅れ・止まり/ 水入り

不具合内容

ローター真摩耗/ ムーブメント鉄粉発生/ 部品劣化多数

担当技術コメント

自動巻の重りであるローターの軸(ローター真)が摩耗のため、ローターの回転にがたつきが起こり、ムーブメントに擦れていました。 ローターの擦れによりムーブメントの表面が削られ、発生した鉄粉がほぞ(伝達機構の歯車の回転を支える穴)に詰まっていることで、4番車・ガンギ車が摩耗していました。 20年以上前の生産の時計のためムーブメント全体に経年劣化がみられ、巻上効率もかなり低下していますが、今回のメンテナンスで通常使用可能な程度は回復することができました。 すべてのパッキンを交換することで防水性を確保しています。 秒針の夜光塗料に割れがありましたので、補修させていただきました。

 

【修理実例/参考価格23,000円~】
オーバーホール ¥23,000
パッキン一式 ¥0
交換部品・技術料 ¥33,000
・クリスタルワッシャー
・ゼンマイ
・ローター真
・4番車
・ガンギ車
・夜光塗料補修
合計価格 ¥56,000

※表示価格は税別です

※部品価格は独自ルートで海外からの調達になるため為替や入荷状況により変動します

その他の修理実績

見積・修理依頼


Return Top