0120-214-707
平日 10:00~19:00 / 土日・祝 10:00~17:00
  • Chinese(Simplified)
  • English
  • Japanese

修理事例

ロンジン マスターコレクション L2.673.4 CASE#6629

ロンジン マスターコレクション L2.673.4 CASE#6629

修理内容

CASE#6629 全体 CASE#6629 ムーブメント
CASE#6629 修理完了1 CASE#6629 修理完了2

修理ご依頼内容

オーバーホール/ 新品仕上げ

不具合内容

ムーブメント内部油切れ/ リバーシング摩耗/ アンクル摩耗

担当技術コメント

ムーブメント内部の油が完全に乾いてしまい、汚れやごみが混入していました。 巻上機構の主要歯車であるリバーシングが摩耗して傷んでいるため、手巻がひっかかり重たくなっていました。自動巻不良の原因となり、止まりや遅れの症状が出ますので交換いたしました。 時計の心臓部である調速機構のパーツであるアンクルが摩耗していました。 歯車の回転運動をテンプの往復運動へ変換するための重要なパーツで、人工ルビーが組み込まれています。アンクルの摩耗により精度が安定しませんでしたので、交換いたしました。

 

【修理実例/参考価格30,000円~】
オーバーホール ¥30,000
外装仕上(セット料金) ¥10,000
交換部品 ¥14,000
・アンクル
・リバーシング
合計価格 ¥54,000

※表示価格は税別です

※部品価格は独自ルートで海外からの調達になるため為替や入荷状況により変動します

その他の修理実績

見積・修理依頼


Return Top