0120-214-707
平日 10:00~19:00 / 土日・祝 10:00~17:00
  • Chinese(Simplified)
  • English
  • Japanese

修理事例

ロレックス デイトジャスト 16013 CASE#6973

ロレックス デイトジャスト 16013 CASE#6973

修理内容

CASE#6973 全体 CASE#6973 ムーブメント
CASE#6973 交換部品

修理ご依頼内容

オーバーホール/ 内部異音

不具合内容

ムーブメント内部油切れ/ リバーシング・ガンギ車・アンクル摩耗、劣化

担当技術コメント

ムーブメント内部の油が完全に乾いていました。 手巻の異音・自動巻効率低下の原因は、自動巻き上げの主要歯車であるリバーシングが摩耗によるものでした。 また、ゼンマイの劣化により、時計の動きが非常に悪くなっていました。 調速機構のアンクルと、それに連結し、歯車の回転運動をテンプの往復運動へ変換する歯車(ガンギ車)がともに経年劣化していました。 いずれの部品も寿命となりますので今回のメンテナンスで交換いたしました。

 

【修理実例/参考価格23,000円~】
オーバーホール ¥23,000
部品交換・技術料 ¥48,000
・パッキン一式
・ゼンマイ
・リバーシング×2
・ガンギ車
・アンクル
合計価格 ¥71,000

※表示価格は税別です

※部品価格は独自ルートで海外からの調達になるため為替や入荷状況により変動します

その他の修理実績

見積・修理依頼


Return Top